加盟店 募集 リサイクルショップ開業支援ならアールイーへ

フランチャイズとは

・フランチャイズとは共同事業
フランチャイズとフランチャイズビジネスでは特権を与える者を≪フランチャイザー≫といい、フランチャイズビジネスを運営する企業を指します。主に「本部・本部企業」などと呼ばれます。
さらに、特権を与えられる者を≪フランチャイジー≫といい、「加盟店・加盟者」などと呼ばれます。
本部はブランドを立ち上げ商品や仕入れルート及び販売方法等を開発し、トレードマークの使用を許し経営の指導を行います。街でよく見かける飲食店やコンビニエンスストア等は、このフランチャイズという仕組みを利用することによって、急成長を遂げています。

・本部の持つブランド力
成長しているフランチャイズチェーン本部は、知名度や安心感だけでなく多くのノウハウを持っています。過去のデータ分析からわかる顧客ターゲットや売れる販売方法のノウハウなど、専門的情報を多く持っているからこそフランチャイズチェーン本部として成立しています。
つまり、望まれるサービスの提供が可能となるので、知名度が上がりブランドとして成り立つのです。
新商品の開発も、ブランドが確立されているフランチャイズチェーンは売上を伸ばしているので積極的に進めています。
これらのノウハウ・ブランド力を得るためにロイヤリティーなどのフィーを加盟者が本部に支払っていくという仕組みがフランチャイズです。
結果として加盟者と本部側のニーズが一致したものがフランチャイズです。ただし、共同に事業を行う加盟店と本部ですが、経営責任は別となる独立企業です。

少ない経験で起業

・安全な起業
成功する確率が高いということが、フランチャイズで起業する一番大きなメリットです。本部は過去の実績に基づき、最高のノウハウを日々蓄積しています。そのため、事業の成功確率は自営で起業するより高くなっています。

・初心者でも挑戦できる
興味のある業種・形態があっても、初心者が新規に参入するには勇気が要ります。フランチャイズチェーンであれば教育・研修でその業種の仕組みを簡単に知ることができ、その後も継続的に指導を受けられるというメリットがあります。

・起業が早く、資金回収もそれだけ早くなる
通常、予定よりも延びてしまいがちな事業の立ち上げも、研修システムから始まってシステム化されているため、スピーディーに開業できることも大きなメリットです。資金の回転にとって、早く起業できることは大きなメリットとなります。

・コストダウンできる仕組み
フランチャイズチェーン本部では過去の売上実績データから、シビアに無駄が省かれています。コストは利益が上がるように計算されているということです。

・加盟者が規格化され変更できないシステム
本来であれば自由に変更・改良できる自営業ですが、本部の商標を利用するフランチャイズでは自分勝手な判断は許されません。あくまで本部の指示での経営をすることになります。フランチャイズに加盟するということは、自由な運営が出来ないという選択をすることです。規格化されたフランチャイズチェーン本部のシステムを続けていくことです。

フランチャイズチェーンいろいろ

・業種・形態いろいろ
フランチャイズ加盟は教育研修システムが徹底しているので未経験者でも参入しやすいメリットがあります。また、基本的に経営者となるので、年齢が高くても、女性でも挑戦することができるものが多くあります。業種は小売・飲食・サービスと多岐に及んでいます。中には120%を超える成長率の業種も存在します。

・店舗の形態 大きく違う資金
前途したようにフランチャイズにも様々な形態があります。店舗を持つものと持たないもの、出張形式、通信販売など。
例えば、牛丼チェーンやコンビニエンスストアなどに代表される店舗を構えるタイプのフランチャイズシステムの場合、投資金額が高くなり、立地が売り上げを左右し、労働力の確保なども必要となります。
また、訪問の掃除サービスのような店舗を構えないタイプのフランチャイズシステムでは、投資金額が低くなり、場所を選ぶ必要がなくなります。しかし営業力や自己管理が必要となります。
上記からわかるように、開店資金の大きさで考えてみると店舗を持つものと持たないもの(店舗の立地条件をさほど選ばないもの)に分けられます。

フランチャイズのメリット・デメリット

・メリットとデメリットを考える
自分で一から始めるよりもフランチャイズで起業するのは、かなり見通しが早く立ち、確率として失敗も少ないというのがメリットといえます。このように様々なメリットがあるフランチャイズですが、加盟すればそれだけで成功するといえるのでしょうか。
フランチャイズは共同事業です。経営の責任はオーナーが全て負っていることを忘れず経営努力をし続けなければならないことは忘れてはなりません。
しかし、必死で経営努力をしても陥るデメリットもあります。
下記はメリットとデメリットの一部です。知っておきましょう。

□メリット
・個人事業に比べて成功確率が高い
フランチャイズチェーン本部は過去の実績に基づき、ノウハウを蓄積しています。その成功実績に基づいて日々指導してもらえるため、事業の成功確率は自営で起業するより高くなっています。

・素早く企業でき回収が早い
研修システムから始まってシステム化されているため、スピーディーに開業できます。資金の回転にとって、早く起業できることは大きなメリットとなります。

・日々の運営にだけ専念できる
既に知名度があるブランドで運営している為、広告活動なども抑えることができます。また、新商品の開発なども本部がする為、日々の運営に専念することが可能です。

・地域に貢献できる事業
フランチャイズの店舗は知名度が高く、その地域の商業活動を活性化します。地域貢献の要素もあるからなのです。

・融資が受けやすい事業
店舗を構えるフランチャイズですと資金がかかり、銀行融資が必要になる場合もあります。事業の成功確率が高いという理由からフランチャイズは 比較的融資受けやすくなっています。また地域活性の要因もあるでしょう。

□デメリット
・競合店の脅威
他の地域のフランチャイズが成功しているからといってそのフランチャイズに加盟しても、開業する地域で既に同業店があれば当然競争が激しくなります。逆に現在競合店が存在しなくても、 その地域で成功すればそこは競合店にとっても優良な市場となり、後から競合店が開店してくる可能性もあるということです。

・他店からの影響・・イメージダウン
自店舗に落ち度は無く地域にも恵まれて順調な経営をしていても、他店舗で不祥事や事件などイメージダウンするような出来事があれば、 もろに影響をかぶることになります。経営が別の加盟店舗だとしても、客にとっては同じ店(同じブランドのチェーン店舗)と認識されているということです。

・本部経営への完全な依存
他の加盟店舗より致命的になるのは、本部のイメージダウンです。本部直営店舗の不祥事だけでなく、経営の悪化報道などでも売上が下がることもあります。加盟店は本部に依存しているといえます。
自由に運営できない以外にも、このようなデメリットがあることを認識しましょう。

・契約解消後も同一業種の開業ができない
業種に興味があって、フランチャイズではなく同業種で自営でも開業したいという場合は注意が必要です。通常、フランチャイズ契約条件の中に、契約解消後に同一業種の営業を禁止するという内容があります。ノウハウを短期間で教えるので当然のことともいえますが、選択を間違えないようにしましょう。

フランチャイズの現状

・フランチャイズの現状把握
JFA(社団法人フランチャイズチェーン協会)の2003年度の統計結果ではフランチャイズチェーンは店舗数で+1.4%、売り上げでは+2.2%という成長産業です。
一方でその流れに乗ろうとするチェーン店も多数あり浮き沈みも多いともいえるのです。
長年同様の経営方式で企業を運営することは、経済がめまぐるしく変化している中で今の時代ではどの業種でも困難です。
フランチャイズはイメージやサービスがメインであるため、時代に沿ったニーズが見通せるかどうかが鍵となってきます。
今後も様々な要因でフランチャイズのランキングも変化してくるでしょう。

・成長産業だからこそ慎重に
流行から、悪徳のフランチャイズチェーン本部も存在しています。例えば開店資金が通常よりも異様に高かったり、逆にフランチャイズフィーが極端に安かったりする場合は長く付き合う姿勢が見受けられないということです。
フランチャイズフィーは本部の商品開発資金となるのです。もちろんその開発結果は後の加盟者の経営に影響します。目先の資金繰りにだけに注目して加盟するのは危険です。

経済的?環境的?自分にあった起業

□加盟店になる前に、本当に自分に合っているのか、そして魅力あるフランチャイズなのかを確認しましょう。

・現在の収入
開業する前に現在の収入と加盟後の見通しを考え比較し、加盟・独立するほうがどんなメリットがあるかを考えましょう。収入が減っても独立にこだわる選択もありますが、どんな場合でも必ず先の見通しを立てる必要があります。

・資金の問題
店舗を持たない場合のフランチャイズ加盟では元の資金があまりかからないものもありますが、店舗を持つ場合だと平均で1000万円ほど自己資金が必要です。銀行の融資は可能ですが、諸々の初期費用と資金が回収できるまでの2年程の生活費、運用費を考えれば2000万の準備があれば理想です。

・やりたい魅力のある仕事なのか
基本的にフランチャイズ契約には契約期間があり、中には中途解約によって違約金が発生する内容もあります。本当にやりたい魅力ある仕事なのか、また続けていける事業なのかの見極めも必要になります。

・家族の協力
加盟は自営の事業となります。家族の理解と強力がなければ、成り立つことは難しくなります。また、単なる理解だけでなく、共に営業にかかわってくるケースが多く見受けられます。お互いが協力できてこそ独立して経営が成功するのです。
共に経営していく中では、交代勤務などの場合もあるため健康管理や相互理解に皆で努力していくことが大切です。

事業内容 activities

アールイーのビジネスモデル

フランチャイズ募集中!技術研修指導費150万円(初回のみ)+ブランド使用料毎月5万円(税別)

事業概要
アールイー加盟店の皆様の地域(地元)において、リユース+資源リサイクルの事業活動として買い取りと販売を担っていただきます。中古商品としての売買と資源リサイクルを融合させた事により、無駄の無いリサイクルビジネス、環境ビジネスを運営していただきます。
取り扱いに制限が少なく、お客様の不要となった物を現金に替え、堅実且つお客様に喜ばれる事業、それが『エコリッチ』『Ecoとステーション』です。
金、プラチナ、金券、ブランド品、中古携帯電話、中古化粧品などリユースできる物をベースに金属くず、古紙、プラスチック等の再資源化を促す、現代の環境ニーズにマッチしたエコビジネスを共に育んでまいります。
事業展開方針
資源リサイクルの現況の市場規模とこれまでの経験から、商圏人口約10万人を1つのビジネスユニットとした展開を基本とします。そうすることで、リスクの軽減を図りながらも、最も高収益型のビジネスユニットとして完成させ、各エリアにおける地域一番店を目指します。
アールイーFC店のメリット
8つのポイント
  • 初期投資が少ない 今のご本業をしながら(併設店舗設置)でも可能です。(広告看板代・内装費・什器など強制ではありません。)
  • 加盟金0円で保証金も0円でOK (他社と違い加盟金不要、保証金不要)
  • 在庫リスクが少ない 中古商品価値や資源価値にて現金化しやすく、グループ内でも売買自由で自分で誰にでも売買OKです。
  • いつでも解約OK! 自信があるからこそ、いつでも契約の解約申し込みができ、さらに解約時に違約金も0円で安心です。
  • 毎月のグループ会で安心 顔が見えるから安心 情報交換(勉強会でレベルアップ、成功事例、クレーム等の共有)店舗間での売買オークションも可能です。
  • 新事業のご提案 Ecoと事業を通じたプラスのご提案(協同サポート事業、Ecoとポイント、Ecoとキャラバン、Ecoと教室等)
  • グループでの広告、宣伝、広報活動 みんなで宣伝することで広告費の費用対効果につなげる。
  • 全てが自分で決められる自由な経営 仕入先、売り先、値決め等全てが自由です。(本部がご紹介、アドバイスをする事もできます。)

  • ※毎月必要な費用は月額5万円(税別)のブランド使用料のみです。頑張った分すべてが自社の売上と利益になります。
  • 知識・経験ゼロでもスタートできるよう、有価物回収ビジネスに必要な運営ノウハウを専門スタッフが指導できます。
  • 各店の成功事例やクレーム内容等は随時吸い上げ、グループ各社に水平展開するなど、事業成功を情報の面からも支援していきます。
  • 各社の地域における事業活動を円滑に支援できるよう、グループ全体のブランド力向上にも尽力していきます。

最短60日間で回収ビジネスへの新規参入をスタートできます。

PAGE TOP